傷害事件の示談が来るタイミング、また損害賠償の請求について

公開日: 相談日:2020年09月16日
  • 2弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

先日、彼女とケーキを買っていたら突然隣の男に因縁をつけられ、自分は髪を掴まれる殴られる等で顕椎捻挫、彼女はまぶたの切り傷とあざで両方全治2週間程度の怪我を負いました。

犯人は現行犯で捕まっているのですが、未だ示談などの連絡が来ません。逮捕から4日しか経ってないのもありますが、普通は大体どのくらいで連絡が来るものなのでしょうか。

また、示談を持ちかけないのならば、損
害賠償請求をしても治療費や慰謝料など
の支払いはあまり望めないのでしょうか
。こちらは全く手を出しておらず、彼女
にも怪我をさせている為、憤怒していま
す。

あまり善人の考えではないのですが、彼女と自分で2つ被害届を出しているので、片方が示談を受け入れ示談金をもらい、片方が拒否して起訴してもらうということも可能なのでしょうか。
お忙しいところ恐縮ではありますが、ご回答頂けたら幸いです。

956534さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    逮捕された後,【勾留】がされていれば国選弁護人が就任しますので,20日以内に示談をしたい旨の連絡が検察を通じて来るかと思います。
    他方で,勾留がされていない場合,弁護人(代理人)がいない状況です。あとは私選弁護人を就けるかどうかですので,しばらく時間が掛かると考えていた方が良いかと思います。

    こちらからの損害賠償請求や一方のみ示談をし他方を示談しない場合ですが,加害者の経済力,加害者の前科前歴等によりますので,一度,お近くの弁護士に詳細をご相談された方が良いかと思います。

  • タッチして回答を見る

    被疑者が逮捕されて4日目ということです。

    逮捕の効力は72時間であり、それ以降は裁判所が認めた場合には勾留(原則10日間、延長によりもう10日間の身体拘束)がされます。
    勾留の期限までに、検察官が起訴するかどうかを決めます。

    被疑者に弁護人がいない場合には、勾留時から国選弁護人が選任されるので、本人の意向、経済力、今後の弁護方針(本人が否認しているかどうか、起訴猶予や執行猶予が見込めるかどうか等)によっては、勾留期間中に示談の申し出が来る可能性があります。
    親族との調整や資金の工面のために数日かかることもあります。

    示談がない場合には、被害者から損害賠償請求が可能です。
    もっとも、立証や回収可能性の問題があるので、最寄りの弁護士に相談されることをお勧めします。

    >あまり善人の考えではないのですが、彼女と自分で2つ被害届を出しているので、片方が示談を受け入れ示談金をもらい、片方が拒否して起訴してもらうということも可能なのでしょうか。

    示談に応じなければ必ず起訴と決まっているわけではありませんが、示談するかどうかは被害者がそれぞれ判断すべきなので、1人だけ示談するのは可能です。

  • 相談者 956534さん

    タッチして回答を見る

    素早いお返事ありがとうございます。

    先ほど警察署に確認したところ、送検済みで署にて勾留しているとのことなので、少し待ってみようと思います。

    仮に示談にならず公判になった場合、損害賠償命令制度の使用や少額訴訟も考えているのですが、当方大学生の為、経済的にはあまり余裕がないところではあります。

    自分たちの怪我は軽微な方に入ると思いますが、弁護士を立てて民事にて損害賠償請求をすると、費用倒れになる確率の方が高いでしょうか。

    明確なことはおっしゃる事できないとは思いますが、なんとなくで構わないのでご教示頂けたら幸いです。

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    治療費・慰謝料が低額であれば費用倒れの可能性も否定できませんが、ケースバイケースです。

    事案が複雑でなければ、解決までに要する期間を考えて損害賠償命令制度を利用されたら良いと思います。

    ご収入・資産の状況によっては無料の法律相談、弁護士費用の立て替え制度(法テラスの民事法律扶助)を利用できる場合があります。

    弁護士にご依頼されるかどうかは置いておくとしても、法律相談を受けてみてはいかがでしょうか。
    費用対効果の点も教えてもらえると思います。

  • 相談者 956534さん

    タッチして回答を見る

    相談に乗ってくださり、ありがとうございました!

    大変勉強になりました。弁護士に相談のもと判断したいと思います。

この投稿は、2020年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました