出張旅費精算の際に横領と解雇と言われました

公開日: 相談日:2015年04月16日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

会社から出張旅費精算の件で横領と解雇の可能性があると指摘を受けまして精神的に困っています。

出張旅費規定では実費清算上限7500円(サービス料金、消費税込み)、出張手当て1000円と定められています。

ビジネスホテルには
朝食無料付きプラン
QUOカード付きプラン
現金キャシュバック付きプラン
ドリンク付きプラン
温泉入浴券付きプラン
等のあるホテルが有りますが
例え上限を守っていても横領、解雇になるのでしょうか?

また、社員全員が対象ではなく私とごく一部の人たちが対象となっているようです。

解雇されるのだけは避けたいですし、横領という意識も有りませんでしたので横領と言われてそうなのかなと思い始めている次第です。

お手数おかけして大変申し訳ございませんが
ご教授いただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

340853さんの相談

回答タイムライン

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

     恐らくは、何ががしかのプラン付で、ビジネスホテルに宿泊されたと思います。そして、会社側は、あなたがプランを付けホテルに宿泊したことを理由に、横領といっているのだと思います。7500円の上限を守っていたのであれば、理論的にも横領には該当しない可能性のほうが高く、実際、会社が告訴等の措置を取る可能性は低いでしょう。仮に告訴されたとしても、不起訴になる可能性の方が高いです。解雇も、認められないと思います。会社側で、退社に合意する合意書などの書面に署名捺印するよう求めてくる可能性がありますが、退社したくないのであれば、署名捺印してはいけません。会社とのやり取りは、録音する等して、記録するようにしましょう。

  • 相談者 340853さん

    タッチして回答を見る

    ご回答ありがとうございます。
    おかげさまで少し気が楽になりました。
    慎重に心がけていきます。
    今後ともよろしくお願いいたします。

この投稿は、2015年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました