ネットから盗撮動画をダウンロードして見る行為は違法でしょうか?

公開日: 相談日:2014年07月28日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

インターネット上には、女湯や女子更衣室・女性トイレ等を盗撮した動画が非常に多く出回っています。
アダルトビデオ用に製作されたやらせも多いと思いますが、中には本当に盗撮された動画もあると思います。
もし、本当に盗撮によって一般人が撮られた犯罪動画であって、それを本当の盗撮かもしれないと知りながらダウンロードして再生する行為は違法性があるでしょうか?

また、可能性は相当低いと思いますが、もし盗撮の被写体の女性が知り合いで、盗撮動画を見たことをうっかり口を滑らせて本人に言ってしまったような場合、プライバシーの侵害や盗撮動画を見られたことによる精神的苦痛等を理由とした損害賠償を支払う義務が生じるでしょうか?

270349さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都3位
    タッチして回答を見る

    「もし、本当に盗撮によって一般人が撮られた犯罪動画であって、それを本当の盗撮かもしれないと知りながらダウンロードして再生する行為は違法性があるでしょうか?」

    そのような犯罪動画がアップロードされ、不特定多数の人の閲覧に供される状態となった時に、名誉毀損あるいはプライバシー侵害となり、不特定多数の一人として、その動画をダウンロードして再生する行為自体は、あらたな権利侵害としての違法性はない、と思います。

    「もし盗撮の被写体の女性が知り合いで、盗撮動画を見たことをうっかり口を滑らせて本人に言ってしまったような場合、プライバシーの侵害や盗撮動画を見られたことによる精神的苦痛等を理由とした損害賠償を支払う義務が生じるでしょうか?」

    「プライバシーの侵害や盗撮動画を見られたことによる精神的苦痛等を理由とした損害賠償を支払う義務」は生じないと思いますが、それを口にすることにより、新たな権利侵害となる可能性は、あり得ると思います。

  • 相談者 270349さん

    タッチして回答を見る

    回答ありがとうございました。
    撮る行為やそれを不特定多数が見られるようにネットに投稿する行為は、違法として逮捕されたり損害賠償を払う義務があるけれど、すでに誰でも見られる状態になっているのであれば意図的に見ても違法性はないということですね。

    >「プライバシーの侵害や盗撮動画を見られたことによる精神的苦
    >痛等を理由とした損害賠償を支払う義務」は生じないと思います
    >が、それを口にすることにより、新たな権利侵害となる可能性
    >は、あり得ると思います。

    とのことですが、新たな権利侵害になっても損害賠償を支払う義務はないのですね。必ずしも「権利侵害=損害賠償責任」ではなく、権利を侵害しても違法ではない、または違法でも軽微な違法のため損害賠償責任まではないということでしょうか。

  • 弁護士ランキング
    東京都3位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    誤解を招く言い方でしたので、言い直しますが、

    >「プライバシーの侵害や盗撮動画を見られたことによる精神的苦痛等を理由とし
    >た損害賠償を支払う義務」は生じない

    と述べたのは、動画を見られたことだけでは、新たな権利侵害には当たらない、と述べたかっただけです。

    新たな権利侵害に当たれば、損害賠償責任が生じ、例えば、盗撮動画を見たことを人に言い触らしたり、盗撮動画を新たにアップロードしたりすれば、新たな権利侵害となり、損害賠償責任が生じると思います。

    ただ、「盗撮動画を見たことをうっかり口を滑らせて本人に言ってしまったような場合」が、新たな権利侵害として損害賠償の対象となるかは、微妙なところがあり、言った本人がどのようなつもりで言ったか、それを言われた女性がどのように感じたかによる、と思います。

この投稿は、2014年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました