法律の疑問、時効について。

公開日: 相談日:2022年10月24日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
気になり質問いたします。宜しくお願いします。

【質問1】
公訴時効が延長とニュースを見ました。
公訴時効が成立していて、刑事事件の時効が延長となった場合は、その前に刑事事件の時効が成立していても不成立となり時効が延長されるのでしょうか?

1196256さんの相談

回答タイムライン

  • 相談者 1196256さん

    タッチして回答を見る

    わかりにくく、すみません。

    公訴時効成立後に法改正で公訴時効が延長になった場合に、公訴時効が成立していても延長になるかです。

    殺人とかではなく、強制性交のように7年から10年に延長になり、さらに15年になるものです。新しく18歳になるまでの期間もそれに加えられる等ありますが、その場でも公訴時効成立後でも延長されるのでしょうか?

    公訴時効=刑事事件の時効という認識で合ってますか?
    公訴時効後は逮捕されないとの認識で合ってますか?

    宜しくお願いします。

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    過去の例に従えば、公訴時効が延長される法改正があっても、時効が完成しているものは影響を受けません。

    例えば、殺人の公訴時効廃止の際には経過措置として
    「第三条 第二条の規定による改正後の刑事訴訟法(次項において「新法」という。)第二百五十条の規定は、この法律の施行の際既にその公訴の時効が完成している罪については、適用しない。
    2 新法第二百五十条第一項の規定は、刑法等の一部を改正する法律(平成十六年法律第百五十六号)附則第三条第二項の規定にかかわらず、同法の施行前に犯した人を死亡させた罪であって禁錮以上の刑に当たるもので、この法律の施行の際その公訴の時効が完成していないものについても、適用する。」
    としています。

    この時は、旧法の時効が完成していて新法の時効が完成していないものに対して新法を遡及適用すると憲法に抵触するのではないかという議論がありました。
    今回も、同様の懸念から、現行法の時効が完成したものに対して遡って適用することはないと考えられます。


    なお、公訴時効は、刑事事件での時効と捉えて間違いではないです。非常に大雑把な整理ではありますけれども。

    また、公訴時効が完成していれば逮捕されないということにはなりません。
    公訴時効完成の効果は、有罪・無罪の判断をせずに裁判が打ち切られることです。
    処罰されないだけで、捜査されないことにはなりません。
    明らかに時効完成なら、最終的に有罪判決がもらえない=無駄として捜査を諦めてしまうことが通常でしょう。
    しかし、時効が完成しているか捜査機関に分からない場合、逮捕の理由と必要性があれば、逮捕されることも十分考えられます。

この投稿は、2022年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました