子供の強制執行について

公開日: 相談日:2022年07月26日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
子供の監護権で強制執行された場合、執行官が力ずくで連れていくと相手方の弁護士が言っていたのですが本当ですか?

【質問1】
それだとしたら相手方に行きたくないと言っている子供が可哀想で仕方ないですが…

1168476さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    子の引渡しの強制執行の場合、子自身には実力行使できません。
    民事執行法175条8項で「執行官は、第六条第一項の規定にかかわらず、子に対して威力を用いることはできない。子以外の者に対して威力を用いることが子の心身に有害な影響を及ぼすおそれがある場合においては、当該子以外の者についても、同様とする。」と定められています。

    したがって、例えば、子どもが自分から監護親に抱き着いてしまって離れないなど、子自身が抵抗している場合には、直接強制が執行不能になります。
    また、子の心情に悪影響を与えそうな場合、監護親などへの実力行使も制限されます。

    もっとも、実力行使できなくすることを狙って子どもをけしかけていたりすると、執行妨害の問題が出てきます。

この投稿は、2022年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

弁護士回答数

-件見つかりました