特別送達の異議申し立てについて

公開日: 相談日:2022年07月04日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
今日特別送達で支払いの手紙が届きました。
まず、相手方(某携帯会社)に電話をして、訴訟内容と支払いについてお話をしました。
そこで和解交渉をしまして、相手方にもそれで良いと言って貰えたのですが、
裁判所からの手紙は二週間以内に返信したほうが良いと私は思っていたのですが、相手方から返信しなくていいといわれました。
まず支払い開始したら、裁判所の方に相手方から報告する。
清算完了時に訴訟を取り下げる。
と言われたのですが、、
本当に返信しなくていいのでしょうか。
相手方とも和解してるため、相手方の言う通りにしてるほうが良いのでしょうか?

それから二週間返信しなければ、再度手紙は裁判所から届くがそれも無視して、今月末に一回目の支払いを開始してくださいと言われたのですが、本当に返信はしなくて大丈夫ですか?
教えてください。

【質問1】
相手方がいうように特別送達の異議申し立てをしなくて大丈夫ですか?

1161334さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    「特別送達」というのは送り方のことなので、取られた手続の内容が問題です。
    文脈からすると、支払督促だと思います。

    支払督促なら、裁判所に督促異議を申し立てることが適切です。
    督促異議を申し立てると、簡易な手続きから正式な訴訟に切り替わってしまうので、相手の手間は増えます。
    ただ、手続外で合意できていて取り下げる予定なら、何も支払いに問題ない限り、手続するのが早いか遅いかの差だけなので、気にすることはないでしょう。

    督促異議を申し立てないでいると、2週間経過後に相手は裁判所に「仮執行宣言付き支払督促」というものを出すよう請求可能になります。
    この仮執行宣言付き支払督促も無視していると、相手は差し押さえで債権回収できるようになってしまいます。

    相手としては、いつでも差し押さえができるようにして保険をかけておきたいので、書いていただいたような連絡内容になっていると考えられます。

この投稿は、2022年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました